読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久積篤史が気付いた日常

久積篤史です。そのへんに転がっている発見を記録していくためのもの。

久積篤史、春先まで大活躍のトレンドアウター5選

久積篤史です。

まだまだ肌寒い日が続いていますね。

たまに真冬かと思うほどの寒さがあります。

なのでアウターはまだしまえない状況です。

冬物はほとんど店頭に並ばなくなってきましたが、春物の中でもしっかり防寒できるアウターもあるので細かくチェックしていきたいところです!

 

ショップ定員が本気セレクト。春先まで大活躍のトレンドアウター5選

秋口から春先まで、通年で使える男のためのトレンドアウターを、ショップ店員が本気で厳選。大活躍のアウターをGETして、コーディネートの幅を広げてみて!

凡庸性が高い洒脱なアウターで、春先コーデの幅を広げてみて。

春先のアウター

 

寒い冬を乗り切るために欠かせない「アウター」。気持ち値が張る分、一枚や二枚しか持っていない男性は多いでしょう。だから、冬ファッションが毎回同じに見えてマンネリ化、なんてよく聞く話。おしゃれに敏感な男なら、トレンドアウターを揃えてコーデのレパートリーを増やしましょう。

そこで今回は、来年の冬場はもちろん、今年の春先まで使える定番&新作トレンドアウター5種類をショップ店員が厳選。凡庸性の高いアウターを手に入れて、仕事場からデートシーンまであらゆる場面をオシャレに乗り切って!

 

1. ザ・男の定番「レザージャケット」

レザージャケット

 

最近ウィメンズアウターとしても人気な分、トレンド感&女子ウケは申し分なし。レザーは、自身の体型や着こなしにだんだん馴染むから、手入れとモノの良さ次第で一生モノにもなり得ます。

レザージャケット

カットソーの上にそのまま着ても、パーカーなどの軽羽織をはさんでも様になる。まだまだ肌寒い季節はアウターの下に着用するのもファッショナブル。秋にはチェック柄、春先にはシャツで季節感を取り入れて、通年着られる万能アイテムです。今流行の塩顔系の男性は、シンプルなシングルを。周りと違いを演出したい男性は、雰囲気あるダブルを。アクティブな外出時のコーディネートで、男らしいカッコよさを醸し出してみてください。

 

2. 羽織ればキマる「チェスターコート」

チェスターコート

 

数年前から定番化しているアウターの中のアウター「チェスターコート」。キレイ目で紳士的、一着持っていて絶対に損のないワンアイテム。オンでもオフでも使えて、スーツやセットアップのワンポイントに、お洒落なデートに、冠婚葬祭に、シチュエーションを選ばないなら、色違いで複数着持っておきたい一品です。

肌寒い今の時期はニットをインナーとして、春先はロンTやシャツの上に羽織るだけで、細身シルエットの粋なコーデの完成です。

 

3. 春先に大活躍の「ステンカラーコート」

ステンカラーコート

 

マストハブなチェスターをお持ちの男性、あるいは持っていないけどチェスターじゃないロングコートが欲しい男性は、トラッドな「ステンカラーコート」を。肌寒い冬には「ニット×シャツ」と組み合わせたレイヤードスタイルで知的に魅せられるし、少し季節外れ感が否めない「暖かくなる春先の厚手コート」の代用品としても活躍してくれます。チェスターコートのように一枚さらりを羽織れば、凛としたモデル体型コーデに仕上がりますよ。

 

4. 昨年からのトレンド「スカジャン」

スカジャン

 

2016年からメンズファッションのトレンドアイテムになっている「スカジャン」。男らしさをセクシーに強調できます。違いを出すなら、オールブラックでモードに着こなして、より艶のあるコーディネートに。普段からシンプルなトラッドスタイルが中心の男性は、スカジャンを取り入れて、服装から自分の殻を破る2017年にしてみては?

 

5. 最新トレンドアウター「コーチジャケット」

ベトジャン

 

スカジャンは街中でよく見かけるから“被りたくない”とお悩みの貴方には、今注目株の「コーチジャケット」がおすすめ。以前までカジュアルコーデのキーアイテムでしたが、素材や柄に大胆アレンジを加えたモデルが続々登場。ファッションに敏感なおしゃれメンズの間で、ジワジワ人気を集めています。冬はアウターのインナーとして、春先はアウターとして、コーチジャケットでひと味違う着こなしを。

販売サイトで購入

 

アウターの数が、男のファッションを豊かにする。

春先のトレンドアウター

 

ショップ店員が厳選した、今季マストバイなトレンドアウターをご紹介しました。アウターは、コーディネート全体の印象を決める上で重要な役割を果たします。その数が、コーディネートのレパートリーを決めると言っても過言でもありません。レザージャケットをシングル/ダブルの2種類持ちしたり、同じチェスターコートを色違いで持ったりと、好みに合わせて貴方のクローゼットを充実させてみてくださいね。

 

 

なるほど。

ほぼほぼ着たことがあるアウターでしたがモデルがいいせいか、持っていないオシャレなものに見えました。

モデルさんはいいなー

個人的にはスカジャンはもう古いもんだと思っていました。

まだいけるんですねー

ファストファッションにもスカジャンはよく置いてありますし、結構需要もあるんだなーと思うことは多いです。

春物コートといえばトレンチコートを思い浮かべますが、今回はありませんでしたね。

以上~。久積篤史でした。

久積篤史にとってカレーは正義

カレー

 

それは久積篤史にとってなくてはならないものだ。

 

こいつを食うとイライラが治まる

 

体調悪いときでも調子が良くなる

 

周りのやつらは刺激物だから辞めとけとかいうけど

 

俺の場合はこれ抜くとまずい

メディアで話題!老舗カレー店の2号店「アルペンジロー元町店」OPEN

メディアで話題の老舗カレー店「アルペンジロー元町店」OPEN

オープン日:2017年3月25日(土)

 
横浜を代表する老舗カレー店の2号店「アルペンジロー元町店」が、2017年3月25日(土)にオープンしました。
 
老舗カレー店として、横浜市中区 弥生町に本店を構えるアルペンジロー。尾瀬戸倉のスキー場で宿泊ロッジとして始まり、1985年横浜の地で唯一無二の存在感を放つカレー店へと進化を遂げました。今では横浜だけでなく日本全国、世界各国からこの唯一無二の味を求めて多くの人々が訪れています。
 
アルペンジローのカレーには、とにかくこだわりがたくさん詰まっています。ルーは、小麦粉を一切使用せず、14種類ものスパイスが使われたサラサラのスープカレーです。煮込みに丸2日、冬眠といわれる作業が2日間幾度となく続けられ、ようやく角の取れた独特のまろみと旨みが生まれるそうです。
具材には、肉料理といっても過言ではない大きなブロック肉が贅沢に鉄板で焼き上げられ、熱々のままカレーに添えられます。お米は、選びぬかれた杉山ファームのコシヒカリを使用。スープと絡めると口の中で丁度良い水運量になるよう絶妙に炊かれたご飯が提供されています。

試行錯誤して生まれた、奇跡のカレー

 
まるでどこかの山へ冒険に出たようなワクワクとした気持ちに包まれる、アルペンジローのカレー。元町店では、仕事中のランチタイムや、地元の人が手軽に本格老舗カレーを楽しめるようなアレンジがされているそうです。ぜひ、日本全国、世界各国から愛される人気の味を味わいに行ってみてください。

詳細情報

店舗名:アルペンジロー元町店
オープン日:2017年3月25日(土)
営業時間:11:00 ~ 19:00( L.O. 18:30 )ルーが無くなり次第営業終了となります
定休日:月曜定休( 月曜祝日の場合、翌火曜定休 )
料金:豚カリー ¥1080 / 鶏カリー ¥1080 / 野菜カリー ¥1080 / 牧場カレー ¥970 他サイドメニュー各種

 

今ここのカレーが凄く気になってる

 

カレーは見た目とかより量が多いとこに行ってたりしたけど

 

なんかここはすげー旨いらしい

 

カレー仲間が言ってた

 

今度近くによる用事あるしその時だな

 

                                   久積篤史

肉祭りとかアツすぎる。。。久積篤史は思う"行くしかない"

今年もまたGWが近づいてきた。

久積篤史は果たして今年丸々休みをもぎ取ることができるのか

・・・なんかできそうな気がする

ということで、今年はこれに行くしかない

 

 

 

🍖肉フェス🍖

 

 

 

人めっちゃ多そうだが気にしない

食えればそれでいい

とりあえず、確保するための人員が必要だ

今度は大学の同級生誘うか悩み中

 

 

 

「肉フェス TOKYO 2017 WONDERLAND」開催

開催期間:2017年4月28日(金)~5月7日(日)

 
来る2017年4月28日(金)〜5月7日(日)の10日間、東京・お台場にて今年も「肉フェス」が開催されます!

※写真は過去開催時のものです。

会場はこれまでの「肉フェス」で最も敷地面積が広くなっているんだとか。“WONDERLAND”をテーマに、全国を駆け抜けてきた「肉フェス」らしさと新たな挑戦が融合した空間がお台場に登場です!全国各地から人気の肉料理店が集められ、今年も注目の新規参画店舗が加わって、スペシャルラインナップで肉フェス会場を盛り上げてくれますよ。

※写真は過去開催時のものです。

さらに充実したドリンクエリアでは、クラフトビールはもちろん、ワインやカクテルなど数々のアルコールが揃います。スイーツエリアも要チェックです。

 

うまそう

 

 

 

 

悩むのめんどくさい

 

 

 

誰か一緒に行ってくれ

 

                                   久積篤史

久積篤史が行こうと思う。・・・たぶんそのうち

久積篤史といいます。

空いた時間を有効活用、、、で思いついたのがこれ

ブログってあんましたことないからわかんないけど

とりあえず継続は力なり

そうだわ

長続きしないから継続できるようにやろうと思ったんだった

 

というわけで始めてみる

 

こないだフィリピンのハーフの友達と話してて思った。

フィリピンってどんなとこだ

というわけでちょっと気になるとこ抜粋

④巨大なジンベエザメと一緒に泳ごう!オスロ

 
オスロブといえば、ジンベイザメをみることができるスポットとしても人気の場所。しかし、オスロブ(Oslob)の魅力はジンベエザメだけではありません!ビーチの裏にある滝「ツマログの滝」は神秘的で必見です!

オスロブってどこだ

とりあえず聞いてみて今度連れてってもらう

 

                              久積篤史